北海道は秋も深まりそして白一色の世界に包まれる季節が訪れるのです。

何時の間にか、秋祭りも終わり、周りの畑では、秋の収穫の真っ最中です、すでに山は色付き初めています、北海道の秋は足早に通り過ぎて行きます、小春日和の日もありますが、やがて、雪虫が舞い始めると、初雪はすぐにやって来るのです、そして永い冬を迎えるのです、それまでに冬を迎える準備をしなくてはなりません、今年最後の忙しいシーズンを向かえているのです、油断をすると、みな雪の下になってしまうこともあるのですから。一年の仕事の成果が収穫に現れて豊穣の秋がすぎるのです。そしてすべてが白い世界へと変わっていくのです。また訪れるふゆは、長く寂しい世界なのです、ただ耐えて行くしかない世界から、再び訪れる花の咲く緑の世界の始まる春までの半年間、新しい年の作物の事を思い今年の天候の事を思い豊穣の秋が再び訪れる事を願いながら過ごすのです。しかし北海道には冬の楽しみもちゃんとあるのです、北海道では小学校から授業がある、スキーのシーズンがやってきて、そして、冬のお祭りが各地で行われるのです、雪を楽しむ工夫をして、暮らしていくのです、寒さを求めて多くの人が北海道へやってきます、寒さも立派な観光施設なのです、北海道の人には寒さや雪は嫌われ者ですが、雪を見たことのない人には宝石の様に見えるのでしょう。その人たちの為に、道民はおもてなしをしているのです。北海道のおいしいものがみなさんをお待ちしているのです、その美味しい物を作るために、農家の人たちは、新しい技術を学び新年の作付の作戦を練る、大切な季節がこの冬なのです。勿論冬も休まず、仕事をしている人たちもいます、牛を飼っている人たちは、毎日搾乳をしているので素。北海道に冬があるから、美味しい物が出来るのだと思います、雪を利用したいろいろなことを考えている人たちもいます。雪も大切な資源になっているのです。いろいろなことを考えられるそれが北海道の真っ白な世界から生まれるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました